手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので



中村俊樹。

某大手ソフトウェア会社のシステムエンジニアだ。

彼には何も取り柄らしいものがない。

目立たない存在だ。

そのためほかの社員より出世もおそい。

しかし、そんなことはどうでもいい。

俊樹には妻と愛する一人娘の陽葵がいる。

俊樹に似ても似つかず周りからの評判も上々な愛くるしい顔。

明るい性格、部活のバドミントンでもかなりの腕前の自慢の娘だ。

しかし・・・。

その娘が俊樹に似ていないといわれ続けることが彼には苦痛だった。

どうしようもないことだが、確かに俊樹に似ているところが一つも見当たらない。

ある日、俊樹は長年の疑念を晴らすべく賭けに出た。

娘のDNA鑑定で父子関係をしらべてもらったのだ。

その結果は・・・。

「父権肯定確立 0.000%」

うそだ。。

そんなはずはない。。

とは思えなかった。

心の奥底でやはり、、という確信があったのだ。

と同時に、赤の他人を俺の金、時間、人生のすべてをかけて育ててきてしまったのだという

後悔と、怒りがふつふつと湧き上がってきた。

陽葵は、そう、家畜と同じなのだ。

人並み以上に立派に育った巨乳もバドミントンで鍛え上げたムチムチした太腿も。

すべて俊樹には自分の餌になる存在にしか思えなくなった。

彼はもう止まらなかった。

俊樹は学校から帰ってきた陽葵に襲い掛かった。

押し倒し、制服に包まれたIカップはあろうかというその胸をむき出しにした。

スカートをめくりあげ、パンツの上から陽葵のお〇んこ触りまくって濡れさせた。

そして、最後の一枚も剥ぎ取り、むきだしのク〇トリスとお尻の穴の間をさすり倒した。

陽葵は賢明に抵抗しているが獣のような憎悪を秘めた俊樹の力にはかなわない。

俊樹の前にはかつて娘であった存在とは違う、早熟の女子高生がいるだけだ。

我慢ができなくなった俊樹は陽葵の太腿を無理やり開き、陽葵のまだ誰もこじ開けたことの

ない子宮への入り口にいきりたった自分自身を・・・。


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 感想



ついにあの、今夜、大人気チンジャオ娘さんの最新作が3月25日にBooklive!コミックからリリースされますね!

題名は、「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」

赤ちゃんの時から宝物のように育ててきた大事な娘。

その娘が自分にあまり似ていないことにかねてから疑問をいたいていた中森俊樹は運命の決断をします。

父子DNA鑑定です。

自分の疑念がどうか杞憂であってくれ!

そう願わざるを得ない心境でした。

しかし、すべてをかけて娘であることを願っていた俊樹には残酷なものでした。

父子関係「0.000%」

その結果を見た瞬間、俊樹は妻への怒りと娘への絶望にさいなまれます。

今目の前にいる娘、陽葵は自分の娘ではない。。

自分の金、時間、人生のすべてをかけて大事に育ててきた一人娘の陽葵。

しかしその人生はあっけなく崩れ去った。

もうここにいるのは人生をかけて愛したひとり娘の陽葵ではない。

ただの豊満な身体に成長した女子高生だ。

心の制御をといた俊樹は眼に入れてもいたくないほどかわいがっていた娘を怒りにまかせて

傷物にしてしまいます。

その心境はいかばかりだったでしょうね。

これだけのことをされても、陽葵は俊樹を父と慕ってくるのですが・・・。

いつもながらチンジャオ娘さんのストーリーは秀逸ですね!

結末はぜひ皆さん御自身でよまれてみてください。^^